日本昆虫科学連合Union of Japanese Societies for Insect Sciences

連合主催公開シンポジウム 「昆虫の恵み―その多面性」

公開シンポジウム 「昆虫の恵み―その多面性」

7月22日(土)に、第8回日本昆虫科学連合・日本学術会議共催シンポジウムが公開で行われます。今回は「昆虫の恵み―その多面性」というタイトルで5名の方にお話ししていただきます。多くの方のご参加をお願いいたします。

会期:
2017年7月22日(土)13:00~16:45
会場:
東京大学農学部1号館8番教室
入場無料・申込不要
開催趣旨:
ヒトは古くから絹糸や蜂蜜など昆虫の生産物を利用することで、その生活を豊かなものとしてきた。しかし、ヒトが昆虫から受ける恩恵はこのように目に見えるものばかりではなく、むしろ、目に見えない恩恵の方が大きい。本シンポジウムでは「昆虫の恵み」を基本テーマに5名の研究者に話題を提供していただき、昆虫がヒトにもたらす恩恵の多面性に光を当てることとした。まず、昆虫の体の構造や生理機能を学ぶことで新規な性質を備えた素材や製品・医薬品を生み出そうとする最新の動きについて、浜松医科大学の針山博士と(国)農業・食品産業技術総合研究機構の立松博士にご講演いただく。つづいて、京都ニホンミツバチ研究所の坂本博士と東京農業大学総合研究所の赤井博士には、私たちにとって比較的なじみの深いミツバチと絹糸昆虫について、新たな知見やその生産物の有効利用法についてお話しいただくこととした。最後に京都大学の沼田博士には、一般には知られていない「ハエのウジを使った創傷治療」について紹介していただく。本シンポジウムが、昆虫がヒトに与える恵みの多面性とその大きさについて認識を深める機会となることを強く期待している。

プログラム:

13:00~13:20
I 応用昆虫学分科会活動報告 嶋田 透(日本学術会議会員、東京大学大学院農学生命科学研究科)

13:20~13:30
II 日本昆虫科学連合活動報告 石川幸男(日本昆虫科学連合代表、東京大学大学院農学生命科学研究科)

III 講演
座長:小野正人(日本学術会議連携会員、玉川大学農学部)

13:30~14:00
1) 針山孝彦(浜松医科大学) 「バイオミメティクス―昆虫の恵みと生物模倣―」

14:00~14:30
2) 立松謙一郎(国立研究開発法人 農業・食品産業総合研究機構) 「カイコを用いた医療用タンパク質生産の現状と課題」

14:30~15:00
3) 坂本文夫(京都ニホンミツバチ研究所) 「ミツバチの恵みと飼育のすすめ」

15:00~15:15 休憩

15:15~15:45
4) 赤井 弘(東京農業大学総合研究所) 「シルクの微細構造と健康衣料への利用」

15:45~16:15
5) 沼田英治(日本学術会議連携会員、京都大学大学院理学研究科) 「マゴットセラピー:ウジを使った創傷治療」

16:15~16:45
IV 総合討論

V 閉会